こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

成人のADHDの治療について

成人のADHDの治療についての講演を聞きました。橋本クリニックの橋本大彦さんが演者でした。臨床に根ざした実践的な内容で、とてもためになりました。


ADHD(注意欠陥多動性障害)は、生来性(=途中から発病するものではない)なので、当人には病気という意識はない。患者さんがADHDを病気として認識するためには、自分を客観視(他人と自分を比較)することが必要となる。また診断する側は、誰にでもあるような行動を症状としてとらえる視点が大切だ、とのことでした。

ADHDの治療は、ADHDの基盤にある病態の治療と、ADHDがあることによって生じる症状(適応障害など)の治療があります。

 ・ADHDの基盤の治療は、薬物療法が主体です。
 
  そのもののの症状:うっかり、すぐに飽きる、人の話を聞いてない、詰めが甘い、思いついたことをすぐにやる、面倒くさがり、なくしものが多い、気が散る、忘れん坊。

 効果の判定は、
  仕事の先送りが減る、優先順位がつけられる、朝から一日の行動を見通せる、スーパーでの買い物に時間がかからなくなる(行き当たりばったりでなくなる)、本を最後まで読める、1時間勉強ができる、片付けられる、苦手な人と話してもイライラしない・・・(などが有用だそうです)。


<現在、成人になって診断されたADHDにはアトモキセチンの使用が認められています。以前も書きましたが、アトモキセチンは実行機能の異常や、時間処理機能の異常に効果があるとされます。報酬系のドーパミンは増やさないので、遅延報酬には効きませんが、依存性はありません>


ーーーーーーーーーーーーーー

ADHDはDSM-Ⅴ(2013年)で神経発達障害に含まれるようになりました。これは臨床的な感覚とも一致します。それまでは、重い行動上の問題という反社会性(反抗挑戦性障害や素行障害など)の文脈でとらえられていました。

スポンサーサイト
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら