こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

神風特攻隊  紫電改のタカ  石原慎太郎

神風特攻隊を、


神聖なものとして見る心性がわれわれ日本人にはあります。自己犠牲を最高の徳と考える心です。

原発事故の作業にあたっている方々にもそれを感じます。


シデン会


小学校の頃、戦争漫画が人気でした。今考えれば、負けた戦争の後だったにも関わらずにです。

シデンカイ


「紫電改のタカ」(ちばてつや作)や、「0戦はやと」を読んでいましたね。

<一飛曹、いっぴそう、という階級を覚えたのはその頃です>

日本人は、負ける話が好きな国民なのかもしれません。

<散る桜に美を感じるように>

太陽に突っ込んで死んでいった鉄腕アトム、伴宙太に大リーグボール3号を打たれて選手生命を断たれる星飛雄馬、真っ白な灰になってしまう矢吹ジョー、すべて敗北の美学でした。

「同胞の痛みを分かち合うことで、初めて連帯感ができてくる」と石原慎太郎、東京都知事は言いました。

<ですが、この意味を、文字通りに理解できる日本人はすでに70才代後半以降でしょう。ということは、こういうことを2011年に言うセンスはかなりズレているわけです>

彼の中ではおそらく特別な意味を持つ桜を、ドンチャン騒ぎで汚してほしくない気持ちは十分に理解できます。

彼は都知事になってから毎年、靖国神社の公式参拝を続けているのですから。

「生きて虜囚の辱めを受けず」と言った、東条英機を批判していることも評価したいと思います。

批判を恐れず、信じることを表現する精神も。

ですが、どうしてこれほどまでに、無防備(思慮に欠ける?)なのでしょうか。

個人的には、特攻隊は国家に強要された自殺に過ぎないと思うし、お花見は行政が禁止するようなものではないと思います。連帯は大切だとしても。

石原さんは現代の日本人の感情についての理解に乏しいと思います。ですが、僕は案外嫌いじゃないです。少なくとも、絶対に批判されないお場所に身を置いて、風評をばら撒いている人たちに比べたらずっと。こうやって火だるまになるのですから、



スポンサーサイト
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら