こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

夏目漱石 ~双極性障害(かつての躁うつ病)

夏目漱石がこころを病んでいたことはよく知られています。

うつ状態や躁状態の時期を繰り返すことに加えて、被害妄想や幻聴があったそうです。

東大教授だった主治医の呉秀三さんは「妄想性痴呆」と診断をしたそうです。今でいう妄想型の統合失調症という意味だと思います。その他神経衰弱という診断名がついたこともありました。これも、統合失調症を想像させる病名です。

しかし、統合失調症の十分な治療法(1950年代終わりにクロルプロマジンという治療薬ができました)のなかった時代に、病気から回復していること、創作の質が落ちてないことなどを考えると、現代なら統合失調症という診断はつけなかったでしょう。

おそらく、今なら精神病症状を伴った双極性障害(かつての躁うつ病です)に相当するのではないでしょうか。双極性障害は気分障害に分類されます。気分障害の範囲は以前よりも広くなっています(かつての統合失調症の一部が気分障害になっています)。

夏目漱石は、日光の華厳の滝に投身自殺したことで有名になった一高生藤村操さんの英語の教師でした。彼が、漱石に叱責された直後に亡くなったため、漱石は強い自責感から深刻な抑うつ状態になったそうです。

藤村操さんは「巌頭之感」という遺書を残して滝に飛び込みました。

そこには「・・・万有の真相は曰く、不可解」と記されており、哲学的な自殺と呼ばれました。後追い自殺が頻発しました。現在では、自殺の原因は哲学ではなく失恋だったという説が濃厚なようです。

ならば、漱石もそこまで自分を責めなくてもよかったのにとも思います。



スポンサーサイト
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら