こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

ヤマトタケルの東征  相模→上総へ  オトタチバナヒメの入水

ヤマトタケルは駿河を平定し、先を急ぎます。



オトタチバナヒメ 入水


ヤマタケルは相模走水に着きました。

ここから上総(かみつふさ:千葉県木更津市)に渡るのが東北への近道です。

海を隔てて上総はすぐそこ。

高をくくっていたタケルを見て、海の神は怒ります。

湾の中ほどまで来ると、突然雲行きが変わり、波は荒れ、嵐になりました。

船は今にも沈没しそうです。

オトタチバナヒメは海神の怒りを鎮めるために身を捧げます。

ほどなく凪になり、ヤマトタケルは海を渡ることができました。

ヤマトタケルは最愛の妻の犠牲で海を渡ったのです。


ヤマトタケル 東征


そこから、陸奥(みちのく)に行って蝦夷を倒して、筑波を回り、甲斐の酒折に着きました。

(「新治筑波を過ぎて幾夜か寝つる」 「かがなべて夜は九夜日には十日を」)
=(「筑波を立ってどれくらいかな?」「9番と10日経ちましたよ」)

酒折連歌の発祥です。

甲斐を過ぎて、科野(しなの)を経由して、尾張、近江伊吹山を経て、伊勢能煩野にいたり、帰らぬ人となりました。

(倭やまとはくにのまほろば たたなづく 青垣 山隠ごもれる 倭やまとしうるわし)


<走水神社はオトタチバナヒメの伝説にちなんで作られました。明治43年には歌碑も建碑され、除幕式には東郷平八郎さんも列席しました>


スポンサーサイト

「焼津」の地名の由来

日本武尊(ヤマトタケル)は、西征で九州の熊曾建(クマソタケル)を制圧して、弟橘姫(オトタチバナヒメ)と結婚しました。



日本武尊 火攻め



次は、東征です。蝦夷(エミシ)の征伐です。

その途中でのことです。

ヤマトタケルは、駿河(by 日本書紀。古事記では相模)を治める国造りに騙されて火攻めに遭います。

タケルとヒメは焼き殺されそうになるのですが、

タケルは、倭姫命(ヤマトヒメノミコト=タケルの叔母さん)にもらった天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ=三種の神器・「草薙の剣」の異名)で草を薙ぎ倒し、

火打石でその草に火をつけました。

すると、風向きが変わり、敵を倒して難を逃れました。

[草なぎの剣は、スサノオが出雲国でヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治した時に、大蛇の体内から出てきた剣です]


と言うのが、「焼津」(やいづ)の名前の由来だそうです。


ヤマトタケル


(注:日本武尊は、第12代景行天皇皇子です。14代天皇のお父さんでもあります。13代には弟さんがなりました)


<焼津おさかなセンターは大賑わいでした。わさびフトクリームを食べながら、マグロに、金目や鯵の干物、シラスの釜揚げなどを見て回りました>


高崎 vs 前橋 

前橋と高崎はライバルです。



前橋 単線



江戸時代は別々の藩でした。前橋藩と高崎藩です。

明治になり、県庁は高崎に作られましたが、1876年に県庁舎が前橋に移転しました。一次的な移転と説明されていたのに、1881年に国の布告によって前橋が正式に県庁所在地になりました。

高崎市民は騙されたと思ったでしょう。

駅前は高崎の方がずっと栄えています。高崎には新幹線が通っているのに、前橋の両毛線はなんと単線です。

高島屋やヤマダ電機があるし、オーパもできました。

前橋は名前を取って、高崎は実質を取ったということでしょうか。

こんなこと、群馬県民以外は知りませんよね。合併して70万都市を目指せばいのにと思います。

松本と長野も同じ構図です。

なーんて話を高崎の街で聞きました。


<カタルーニャの独立運動もそういうことなのでしょうか>



servicio a cuarto en un hotel

in room dininng 2



たまには上げ膳据え膳をしたって罰は当たりませんよ、

世の女性の方々。



都ホテル東京



たとえば、都ホテル東京当日限定プラン・コンフォート スーペリアツイン(禁煙)中層階・30平米(2017年9月20日)に、

お友達と二人で泊まれば、

一人8,624円です。

翌日はゆっくり起きて、

バスローブのまま、お化粧をせずに

イケメンが運ぶ朝ごはん(都ブレックファスト・3,230円)を部屋で食べても、11,854円です。



<ちなみに、スタンダードクイーンダブル・レストラン優待付きなら、さらにお得な9,500円です。たまには贅沢をしましょう>





ひゅうが型護衛艦 ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)別名:ヘリコプター空母

護衛艦ひゅうが


YOKOSUKA軍港めぐり(軍港クルーズ)をしました。

アメリカの原子力空母はいませんでしたが、

台風を避けてた多くの自衛隊の艦船が停泊していました。

ひゅうがが、日本最大です。

男の子心が刺激されました。戦争は嫌いなのに。

<軍艦カレーをお土産に買いました>



プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら