こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

螺子 捻子 ネジ ねじ   「ネジ式」

ネジ



ねじを思いついた人は、天才だと思います。

<土器や釣り針やコンピューターや稲作やハーレムやお金もですが・・・・>

ヘンリー・ジェイムズの「ねじの回転」は心理小説の傑作でした。


ネジ式


ですがやっぱり、ネジといえばやっぱり、

「ネジ式」ですよね。

元祖シュール漫画です。「ガロ」には、一頃はまりました。


スポンサーサイト

「アメリカから<自由>が消える」(増補版) by 堤未果  の要約です。

「アメリカから<自由>が消える」(増補版) by 堤未果



昨日あずさで読みながら帰ってきました。衝撃です(必読書です)。

以下はその「要約」(6章を除く)というか頭に残ったところです(文責さなぎ)


トランプ就任式
(左:CNNが報じたトランプ大統領の就任式と、右:実際の就任式)


アメリカにはすでに自由がありません。

ジョージ・オーウェルが「1984で70年前に予言した全体主義国家になりました。

ビッグブラザーが国家を支配しています。反対するものは速やかに連行されて、拷問によって思想を矯正される国家です。

そこでの大手マスコミの役割は情報操作です。

アメリカ合衆国は、すでにプライバシーや自由、公正な選挙や、人心保護条例や権力に対して異議を唱える権利を失いました。

日本がそれを急速に追いかけています。

特定秘密保護法、改正刑事訴訟法、マイナンバー制度、テロ等準備罪など一連の法案がそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

愛国者法」は911のドサクサに乗じて成立しました。21世紀最大の悪法です。

日本の「共謀罪」はこれがモデルです。

「愛国者法」によって政府はあらゆる電話、メール、ファックス、インターネットなどあらゆる通信を自由に閲覧し、巨大なデータベースに蓄えることが可能になりました。

5億6000万件の個人情報です。

金融機関も医師も図書館も・・・・、あらゆる機関が全データーを政府に把握されるわけです。

アメリカ政府が用いた耳障りの良いキャチコピーは「テロとの戦い」です。

テロには時間も空間もありません。つまりアメリカ政府は永遠に自国を緊急事態下に置くことができ、

それによって政府は平時には持てない強大な権力を常に持つことができます(=ショックドクトリン)。

それによって善良なアメリカ市民の多くが飛行機に乗れなくなりました。一切の説明もなく。

例えば、緑の党の党員、反戦活動家、市民派弁護士や大学教授、増税反対の署名を集める大学生・・・・・

政府を批判する授業をした憲法学の大学教授は、即座に搭乗拒否リストに乗りました。

少しでも疑われたら、8歳の幼児でも空港で足止めされます。一切の説明抜きに。


ミリ波


空港にはミリ波スキャナーが配備されて、文字通り国民を丸裸にします。

胸のシリコンも人工肛門もすべて晒されます。



顔認証



ベル・ヘリコプター社製のパーティバードは上空3キロから人の顔が識別でき、

GPSナビゲーションは対象者の住所を入力するだけで、その場所をズームインして赤外線暗視カメラの映像を警察に送り、携帯末端に送信します。

アメリカではテロ容疑者と思われた人は、ある日突然消えます。

テロ容疑者はジュネーブ条約の保護対象外で、無期限に拘束することができます。そのほとんどを国外に連れていきます。国外なら拷問することができるからです。


グアンタナモ



キューバのグアンタナモに500人、アフガニスタンに500人、イラク国内に1万3000人以上。

そして拷問は民間企業にアウトソーシングされます。

拷問はその当人だけでなく、それ以外の人を萎縮させる効果があります。

反戦を唱えていた多くのキリスト教徒も、ジャーナリストも口をつぐみ始めました。

非公開の軍事法廷が開かれ、市民運動はことごとく潰され、学生も科学者も大学教授も口が封じられています。

かつてはオブラートに包んだようだった言論の弾圧があからさまになってきています。まともなジャーナリストは文字通り命がけです。

2007年に成立した「過激思想取締法案」によって、あらゆるインターネットの情報は取り締まられます。危険な思想とは、国家安全委員会のメンバーが非公開で話し合って決めます。

(その役割はAIが担うでしょう。日夜疲れることも知らずに)

「落ちこぼれゼロ法」は、高校生の個人情報を軍のリクルーターに提出させます。それによって貧困地区の子供たちを中心に経済徴兵が行われています。

「戦争は海の向こうではなく、自国内で始まる」。

戦争には人の血が流れるものと、水面下で静かに進むものがあります。そのどちらも極めて危険です。

「民主主義の最大の脅威は、権力が一点に集中すること」(by ジェームズ・マジソン・アメリカ第4代大統領)です。

2017年3月13日、大統領選挙の最中に、



デビン・ヌネフ



アメリカ政府がトランプ氏の盗聴をさせていたことを、共和党のデビン・ヌネス下院情報委員長が明らかにしました。

アメリカ政府は、「外国情監視法」によってこれが可能です(2008年・ブッシュ政権下で成立)。



オバマNDAA



2016年12月23日、アメリカ国民がクリスマス休暇で忙しい時を狙って、オバマ大統領は「2017年版国防授権法」(2017NDAA)に署名しました。

アメリカや同盟国(日本も含まれます)の安全保障の脅威になりそうな偽情報を見つけた際には、政府がしかるべき措置を取る権限を与える法律です。

判断するのは政府なので、政府に都合が悪い情報はすべて摘発ができるわけです。

金融機関や製薬会社に対して批判的な記事を書いただけで、アメリカ政府はそれを偽情報だとして書いた人間を摘発できます。

アメリカ政府は、グーグル、フェイスブック、ユーチューブ、マイクロソフト、アップル、スカイプ、ヤフーの協力で、世界中の人々の個人情報や通信内容、研究機関の未発表資料や企業に機密情報を大量に収集していたことが暴露されました(2013年 by エドワード・スノーデン・NSAの元局員)。



スノーデン



スノーデンさんは逮捕されましたが、ACLUやアムネスティ・インターナショナルはスノーデンに恩赦を与える会を立ち上げて100万人以上の署名が集まりました。

世界中の人々は期待しました。

アメリカ大統領には恩赦を与える権限が与えられているからです。大統領を辞任するオバマ大統領がきっと恩赦するに違いないと。ですが彼はそれを拒みました。

「国民を統制する権限を、政府は決して手放さない」(by ロン・ポール元議員)

さて、日本はアメリカの要請で「特定秘密保護法」を成立させました。政府が秘密と認定した情報を漏らせば民間人でも5年の懲役です。

「改正刑事訴訟法」(2016年)はフルスペックの盗聴法です。あらゆる電話やメールや携帯電話の位置情報も本人に知らせずに警察は入手できます。

「共謀罪」は、二人以上で犯罪を計画したり、一人でも準備行為を行えば関係者を処罰できます。

「マイナンバー」はあらゆる個人情報に紐をつけ、警察や公安は自由にアクセスできます。

もう遅いかもしれません。でも諦めるのはまだ早いと思います。



堤未果2


堤未果さんは本当に勇気ある方です。最近は女性の方がずっと勇気があるかも>

「東大卒貧困ワーカー」  by 中沢彰吾   「あのさあ、不満なら帰っていいんだよ」彼女の目的はこれだった

「あのう・・・・給料は?」
「金なんか払うわけねえだろ」




東大卒貧困ワーカー


この本は衝撃です。

東大卒の元アナウンサーが、親の介護のために退職しました。その後、ブラックな派遣・非正規労働に従事しています。潜入レポートではなくリアルな現実です。

派遣労働の現場では非合法スレスレの仕事があります。

替え玉派遣は、

売れないタワーマンションの営業マンからの依頼で、見込み客のふりをして契約調印の場に臨み、土壇場でキャンセルする役目です。これで営業マンはノルマを達成したことになるそうです。

日本の失業率は額面は3%ですが、潜在失業率(不本意正規331万人と本当は就業を希望する非労働人口419万人)を加えると、986万人で失業率は16%になります(アメリカの失業の基準はこれです)。

非正規による12時間の完全徹夜労働は、企業にとっては大変魅力的です。8時間の5割増しで労働者を働かせられ、労働者管理も福利厚生の負担も変わりません。

正規社員の場合には過重労働撲滅特別対策班(カトク)が摘発(電通やドンキホーテのように)しますが、非正規では問題になりません。

一方で超短時間労働もあります。ひとコマ1時間だけの非常勤講師や一日2時間だけの清掃作業などがそうです。

非常勤教員はひとコマいくらで契約し、事務や学校行事に参加したり、生徒の質問を受けてもお金になりません。採用試験に挑戦を続ける期間採用の教師が大勢いるからです。

トップ・ステイタスのアパレル業界の労働環境は最低水準です。常に完璧なメイクをして、10センチ以上のヒールを履いて立ち続けるのに。

同一労働同一賃金を睨んでか、どんなに派遣の仕事が忙しくても、正社員は手伝いません。

本来は機械で運ぶ荷物を手で運ぶと「軽作業」になります。そういう定義だからです。

最初の3か月は研修期間のため時給450円と言い、3か月で大量にクビにするカフェがあります。

研修に来いと言って、3か月も無給の美容室や、

講師採用の条件が、身内の子供の入塾で、結局採用しない塾があります。

エステサロンの従業員募集は、60万円のエステ回数券の購入が条件です。

パソナはリストラをビジネスにしています。「貴社人員適正化施策実施のご提案」で、非戦力社員を選び、圧迫面接によって退職をさせて報酬を得るのです。

人事部長が役員になるためのパスポートは中高年リストラの実績だそうです。

美術館の展示スペースは見栄えのいい若い男女が清掃し、外の駐車場の掃除は老人が担うという棲み分けがなされています。

「おもてなし」という美名のもとで、過剰な接遇を行い、客の非常識な要求にこたえさせられます。

池袋駅の百貨店に入居するロクシタンのイベントに派遣された際には、マニュアルも渡されないのに、マニュアル通りに働くように強要され、できないと叱責されて、強制的に帰らされました。

非正規がキャリアアップするための講習は、本来は人材会社の責任ですが、その講習代金は給与から天引きされます。

最低賃金での生活は生活保護を下回っています。

東京の60代の夫婦には18万円(生活費12万円と住宅費6万円)の保護費が支給され、無料の医療費などを加えると年間約260万円です。時給に換算すると約1300円になるので、最低賃金932円を400円近く上回っています。

低賃金派遣について厚労省は全労働者の126万人(2%)と発表していますが、登録数は、テンプの600万人、リクルートの95万人、その他の大手数社も100万人単位なので実際には1000万人を超えます。1000万人ですよ!!

ハローワークには年齢制限はありませんが、人材企業の多くは若い人限定です。企業はハローワークには中高年を対象に最低賃金で求人し、人材企業には若者向けの高賃金の求人をするという棲み分けがあります。

最後の第10章で中沢さんは2社を実名を載せて糾弾しています。法的手段を取られることも覚悟して書かれたのでしょう。


<暗い話です。信じ難いほどに。日本が壊れていきます>



「天才とは」  by シャルル・ボードレール  「現代生活の画家」より 

ボードレール



天才とは、意のままに取り戻される幼年期にほかならない。
 
もっともその幼年期とは、いまや、自己を表現するために成年の諸器管を備え、

無意志的に集積された材料のすべてに秩序をつけることを可能にする、

分析的精神を持つようになった幼年期なのだ。



<未熟とは脳に可塑性がある人です。ADHDの人は、前頭前野の成熟が3年遅れているので、衝動を抑えられません。もっとも多くの方はその後成長が追いつきます>


                              

「多動力」 by 堀江貴文   ADHD(注意欠陥多動性障害)の時代が来ています。

多動力


これからは多動力が必要だ。多動力とは、いくつもの異なることを同時にこなす力のこと。次から次に興味が移り変わってしまい、落ち着きがない。モノは忘れるし、不注意で怪我をする。やるべきことはしないで、やりたいことだけする。

インターネットが「水平分業モデル」を可能にし、縦の壁が溶けていく。そんな時代に求められるのは、各業界を軽やかに超えていく「越境者」だ。


・猿のようにハマり鳩のように飽きよ。
・電話にでないキャラにする。
・つまらない会議中はスマホをいじれ。
・寿司屋の修業は無意味だ。
・3つ肩書をもてば価値が1万倍になる。
・原液を作れ。
・つまらない人はスルーする。
・やりたいことによって、必要なものが決まる。
・見切り発車をしろ。
・バランスを考えると、抜きん出られない。
・100点を目指さず、80点のものをたくさん作れ。
・好きなことだけでスケジュールを埋めろ。
・仕事の速さはリズムで決まる。
・忙しい人ほど返信が速い。
・資産が人をダメにする。
・一日10軒以上ハシゴしろ。
・小利口は馬鹿に勝てない。
・永遠の3歳児たれ。
・人生に目的なんてない。



とてもリズムのいい本でした。スピード感があります。人の時間を無駄に使わせないのは流石。

 「ゼロ」も良かったですが、この方がホリエモンさんらしいかも。

ご本人も本の中で書いていますが、これはインタビューをもとにライターさんがまとめた本だそうです。自分の得意なところだけやって後は人に任せる方が効率がいいですよね。

(マンガだってストーリー、背景、人物と分業しますからね)

おそらくこの本は、幻冬舎の編集者が、

『堀江貴文さんってADHDぽいよね。「多動力」ってタイトルで、これまでに話した内容をまとめれば絶対に売れる!』、

と思いついて、企画を通したのでしょう。やったね 

注意欠陥多動性障害は、最近は、注意欠如多動性障害と呼ばれていますが、

不注意多動症という名前の方がいいと思います。


<立ち読みでもサクサク読めますが、お金を出す方が効きます!! ADHD、キテますね>




プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら