こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

ボーンチャイナ

ボーンチャイナは、18世紀ごろにロンドンで発明されました。



ボーンチャイナ 照明器具



牛の骨灰を土に混ぜてつくられます。光を通し、暖かみのある乳白色をしています。

ボーンチャイナは最初の焼成を高温で行い、それから色を付け、二次焼成は低温で行います。

それによって、高温で色の変わる顔料を使え、

また、2次焼成で縮まないので、繊細な模様を描くことができます。



スポンサーサイト

「型があるから型破り、型がなければ形無し」 by 立川談志  (赤めだか)

「型ができていない者が芝居をすると型なしになる。メチャクチャだ。型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。どうだ、わかるか?」  by 立川談志



立川談志



「守破離」ということでしょう。


守:教えを守って、型を身につける段階。

破:既存の型を「破る」段階。

離:自分の型を作る段階。


立川談志さんがまさにそうでしたよね。

スポーツなら水泳や陸上などはそうでしょうね。ピアノやヴァイオリンも。ここを疎かにしたら大きな成長はないでしょう。

ジャンルによっては、できるだけ短期間に型を身につけることが必要かも知れません。

たとえば料理だったら、師匠について何年もかけて技を身につけるよりも、専門学校でさまざまな料理の基礎を短期間でしっかり習得して、自分の料理を創造する方がいいのではないかと思います。



相互確証破壊 MAD( mutually assured destruction)

「核によって平和を守る」という理論は、



相互確証破壊


MAD(相互確証破壊)によって保たれています。相手が先制攻撃を仕掛けてきたら、相手も全滅させるという仕組みです。

現在、国連の常任理事国(米、ロシア、中国、英国、フランス)だけが核を「合法的に所有」しています。

MADによって、この5か国が相手国に先制攻撃を仕掛けてないとするならば、

MADには効果があることになります。

これが有効に機能するために必要なのは、お互いに理性があることです。自国が焼け野原になることを望まないという。

キューバ危機が避けられたのは幸運な偶然によってでした。カストロは自国が破滅しても核戦争をしようと思っていたそうです(by マクナマラ。キューバ危機の30年後にカストロから聞きました)。

核兵器を所有する国は、その規模が小さいと、危険が大きくなる前に攻撃される可能性が高いので、早急に攻撃力を高めることが重要です。

あんなに好戦的なアメリカでも、核所有国には戦争を仕掛けていないんですよね。

北朝鮮の作戦は、その点で理に叶っています。

核兵器を所有することによって、国連常任理事国と同等の交渉力が得られます。

北朝鮮は核を使わないでしょう。核による抑止とは、核を使わないことによって達成されるからです(「合法的」核所有国とやっていることはまったく同じです)。

本気で攻撃するなら、秘密裏に計画して実行するはずです。それが最も効果的ですよね。

アメリカを核で攻撃しようとしたキューバがそうだったように。

5つの国が核を保有したまま、他国が核を所有することを許さないというアンフェアが、世界の平和を揺るがしているように思います。

現在の核保有国が常に理性的な判断を行うという確証もなにもないのですから。

核兵器が減らないのは、囚人のジレンマにとらわれるからです。

これから逃れるために必要なのは、信頼関係です。

経済封鎖(ABCD包囲網)によって日本は開戦に踏み切りました。

経済制裁することで、北朝鮮を追い詰めることは良い作戦とは思えません。人間は合理的な生き物ではないからです(「人の気持ちが分かる脳」)。

太平洋戦争の末期、日本に原爆があれば、アメリカはあんなに気楽に日本に原爆を落とさなかったでしょう。



<MADは狂気あるいは凶器です>


Djinn Chairs by Olivier Mourgue

オリヴィエ ムルグ


あさなぎクリニックの待合室の椅子が、立て続けに壊れました。一点もののヴィンテージ家具でした。

連日患者さんが座るような耐久性がなかったんだと思います。

座った方が怪我などしたら大変なので、新しくしようと思います。

「2001年宇宙の旅」に登場したオリヴィエ・ムルグのジン・チェアもいいなと思います。

それにしても、スタンリー・キューブリック監督ってめちゃくちゃセンスいいですよね。


「シロクマ実験」  1987年

「シロクマ実験」  1987年



シロクマ


被験者にシロクマの映像で見せます。

その後、被験者を3つに分けます。

 ・Aグループ:「シロクマのことを覚えてください」
 ・Bグループ:「シロクマのことは、考えても考えなくても良いです」
 ・Cグループ:「シロクマのことだけは、考えないで下さい」と言います。

その1年後、

 Cグループの人が一番シロクマのことを覚えていました。

人って天邪鬼ですよね。

忘れようとすると忘れられなくなります。

恋人が自殺した人には、四十九日や、お盆や、月命日にはしっかりと彼のことを思いだすようにとお話しします。悲しむ時にしっかり悲しむ方が、悲しみから早く癒えますから。

依存性の強い抗不安薬を投与する時にもこれを利用します。

「よっぽどのことがなかったら飲んじゃだめですよ」なんて言うと、逆に飲みたくなっちゃうので、

「まあ、大して効かないけど、依存性もないから必要な時には飲んでくださいね」と言うと、気楽に飲んで、気楽に止めてくださいます。

痛み止めとして医療用に使われる場合には、モルヒネも簡単に止められるのと同じです。


<「俺のことはすぐに忘れろ」、なんて言う男は悪い奴ですよね>



プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
5位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら