こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

「戦争中の方がまだましだった」 by 瀬戸内寂聴

日本は原爆を2度受けてて、わたしが生きてきた90年でね、こんな悪い時代はなかった、って言っているの。



戦争中の方がね、まだ、ましでしたよね。

恐ろしい国ですよ。滅びつつありますよ。

これから生きていくね、若い人とかね、子どもたち、生まれてくる子はどうするんですか?と、

どうやってそれをね、平気で恐ろしい国に渡せるんですか?
スポンサーサイト

RX-Vision by Mazda

RX-vision.jpg


RX-Visionについては以前も書きました。

同じ車を2度書くのは初めてです。だってカッコいいんだから。

初めて一目惚れして買ったのは2代目のRX-7 でした。出た瞬間に手に入れたいと思いました。

東名高速では何度も覆面パトカーに捕まり、

中央道で大破して廃車になり、

白を赤に買い換えたら、さらに警察に目をつけられることになりました。

ロータリーエンジンは小さいのにパワーがあります。モーターのように回転が駆け上がります。

エンジンが軽いので車重のバランスが良く、回頭性に優れていました。

RX-Vision のエンジンは、次世代ロータリー「SKYACTIV-R」です。

<買えなくても、試乗したいです>




選んじゃダメだと思います。

趣味のもの買う時に選んじゃダメです。


元やん


値段と性能を比べたりしちゃ。

値段で選ぶとしたら、一番安いものか一番高いものが得です。

無難なボリュームゾーンは実は一番損です。そこで儲けるために高い商品と安い商品をあえて設定するからです。

似たような商品が、

1万円の物1個、千円の物1000個、100円の物10000個売っていたとすれば、

圧倒的に値落ちするのは千円の商品です。

一個しかなければ希少価値が出ます。どうしても欲しいお金持ちはお金に糸目をつけないからです。

そんなわけで、


佳子さま


趣味として選ぶなら、お嬢さんと更正した元ヤンキーが狙い目じゃないかと思います。

奥さんとして選ぶなら、ごく普通の女性がCPが高いと思いますが・・・


「ロング・トレイン・ランニン」 by ドゥービー・ブラザーズ

ディスコ


70年代後半~80年代は、何といってもディスコでした。

以前も書いたと思いますが、その頃だけ曲と曲名が一致しません。当時ディスコでかかっていた曲は何でも知っているのに、

曲名はまるで知りません。その数年はオーディオもテレビも所有していなかったので。

ロング・トレイン・ランニン」 がドゥービーブラザースの曲ということさえ知りませんでした。

こんな超超有名な曲なのに。

アース・ウインド・アンド・ファイヤーという名前さえ知ったのはかなり経ってからでした。

音楽を純粋に享受していた幸せな時代と言えるかもしれません。


<その頃踊っていた人は、これがかかると座ってはいられなくなります、よね>


大学に行くべきか?

大学に行くべきか否かは、


大学に何を求めるかによると思います。

 ・「受験勉強を頑張る→良い大学に入る→良い会社に就職する→一生安泰」

を目的とする人の場合には、すでに目標は崩壊しています。

(この図式が現時点で唯一成立しているように見えるのは医学部だけです「病院と学校の目的」。この加熱した競争に参入する期待値は高くないでしょう)。

苦労してトーナメントを勝ち上がっても、賞金も金メダルありません。終身雇用も年功序列もありません(「リストラについて」)。

ということは、

良い大学に入る唯一の目的が、良い会社に入ることだった大部分の人にとって、大学は不要です。

(仮に必要でも)大学で学ぶ勉強の大半は自宅でも学べます。実習などがない人文系は特に。

インターネットがあるし、本はアマゾンが届けてくれます。学費(国立で年に約60万円)分あれば大量の知識が居ながらにして学べます(その方がずっと効率的です)。

大学が必要なければ大学受験が不要になります。

古文、漢文、世界史、日本史、数学、物理…などは学問を究めたい人が専門に研究すればいいですよね。

大学受験科目の大半は、大多数の日本人が社会生活を営む上でまるで必要がありません。

もっと役に立つものがあります(金融、法律、PC、第2外国語、パティシエ、起業、CAD、造園、統計、討論・・・)。
もちろん役に立たないものがあってもいいですが、不要なものを強要されるのは嫌ですよね。

大学受験という足枷がなくなると、高校時代の勉強はもっと自由になります。

・受験にしか役に立たない勉強をして、
・学金という名の多額の借金をして、
・役に立たない勉強をして(あるいは何もせずに)、
・有名大学を卒業して、
・有名企業に「正社員」として員就職しても、

正社員はなくなります(「働き方の未来2035」)。厚労省がそう言っているのですから。

ほんの一握りの「正社員」になっても、若い内は激安でこき使われ、ようやく給料が増える頃には希望退職という退職強要によって会社を追い出されます。間違いなく。もちろん組合なんかありません。社員は全員管理職なのですから。

役員以外は派遣の仕事あるいはアウトソーシングになるでしょう。

言いたいことは、

東京大学に行くような論理的推論力や記憶力のある若者は、受験勉強の代わりに、ニッチな分野に全力を注げば、余人をもって代えがたい能力を身につけられると思います。

もちろん他の分野の能力がある人もそうです。スポーツでも、料理でも、ワインづくりでも、金融でも…

生きていくのに必要な知識が。

今回は大学に限りましたが、事態はもっと深刻です。

以前書いたように「国民国家」はすでに終焉を迎えています。

国の重要な法案多くが国会決議を経ずに「省令」で作られます。国会にかけられたとしても強行採決されますが。すでに議会制民主主義は崩壊しています。

国家や政治の背後にあるのは、「資本」です。唯一資本の論理でこの世は動いています。リアルなのはお金の流れです。



・北朝鮮の軍事費は40億ドル、日本が400億ドル。アメリカは6000億ドルです。これを一家の家計にたとえて、

・北朝鮮は年収40万円、日本は年収400万円、アメリカは年収6000万円だとして、

・北朝鮮は生活保護以下、日本は一般サラリーマン、アメリカは富裕層です。

北朝鮮がアメリカと日本に喧嘩を売れるわけないですよね。もし戦争の口実をアメリカに与えたら、一瞬で国土は焦土と化すでしょう。イランのように。マスコミが危機を煽っているの軍事費を増やすためでしょう。本当に戦争が始まるなら、インサイダーで軍需産業株が上がるでしょう。


プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
25位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
25位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら